新規開業資金の融資を受ける

>

融資制度を有効活用するために

賢く利用したい、いろいろな融資制度

起業時の融資制度にも、さまざまな種類があります。
過去に廃業経験がある方の場合は、「再チャレンジ支援融資(再挑戦支援資金)」制度の利用を検討、すでに事業開始後1年以内に入っている方は、「創業支援貸付利率特例制度」制度の利用の検討が可能です。
また、食品小売業や生活衛生関連の業種によっては、「食品貸付」や「生活衛生貸付」制度を利用できる場合もあります。
そして、起業時の資金繰りだけではなく、そのほかのシチュエーションにも役立つ融資制度が、日本政策金融公庫には多く用意されています。
代表的な制度としては、事業が思うように行かない場合などに利用することのできるいくつかの「セーフティネット貸付」制度や、より良い事業を目指す多様な「企業活力強化貸付」制度があげられます。
こういった制度は、ビジネスシチュエーションによっては、大きな助けとなり得ます。
必要な時に、賢く利用することを視野に入れておきたいですね。

しっかりと筋立てをした起業計画を

さまざまな内容の融資制度がありますが、一般的な手続きの流れとしては、相談・申し込み、面談、融資、返済となります。
準備するべき書類は、「創業計画書」、「借入申込書」、「履歴事項全部証明書」や「登記簿謄本」などがあげられます。
また、融資内容によっては、「設備資金の見積書」、「振興事業に係る資金証明書」や「不動産の登記簿謄本」などが求められる場合もあります。
いずれも、ケースによって多少異なる場合がありますので、まずは、最寄りの日本政策金融公庫支店や、公式の事業資金相談ダイヤルへのご相談をおすすめします。
それぞれの起業計画、しっかりとした骨組みのある事業計画、そして、ビジネスプランに応じた賢い融資制度の選択で、ぜひ、意義のある融資制度の利用を心がけていただきたいです。
また、政府が出資している公庫と言うことを忘れずに、社会への貢献を視野に入れたビジネス展開を目指していただければと思います。


Share